ライフセービングスポーツ

アンチ・ドーピング

ドーピングを防止するための活動をアンチ・ドーピング活動といいます。

ライフセービングスポーツを楽しむ皆様へ

アンチ・ドーピング

日本国内でもライフセービングスポーツを楽しむ皆様が増え、トレーニング、アスリートとしての競技会参加、地域やクラブのファンレースなど、生涯スポーツとしてジュニアからシニアまで様々に展開されています。ライフセービング競技の国際大会では、すでにドーピング検査が実施されています。日本ライフセービング協会は、他のスポーツ競技と同様に、国内競技会においてもドーピング検査の導入を検討しています。(期日は現段階では未定)これまでも国内競技会の会場内で啓発ブースを設置し、競技選手の皆様へ直接伝える機会を設けてきました。ライフセービングスポーツ競技に取り組む皆様は、ぜひアンチ・ドーピングに対する知識と理解を深めていただき、クリアなアスリート集団としてさらに国内でメジャーになることを願います。

アンチ・ドーピング

JLAではHPにJADA(Japan Anti-Doping Agency日本アンチ・ドーピング機構)とGlobal DROへのリンクを設置しました。Global DROとは医薬品にドーピング禁止物質が含まれているかを確認できる検索サイトになっています。自分自身が服用する薬は、必ずここで検索してから服用するようにしてください。
JADAは日本のアンチ・ドーピング活動を統括する機関であり、ドーピング検査、ドーピングの防止に関する教育、啓発などをおこなっています。JADAのHPではアスリートにとって知っておきたい情報が解りやすく説明されています。Global DROもJADAのHP内に掲載されています。国際禁止表、禁止物質、監視物質、TUE申請、競技会検査と競技外検査、うっかりドーピング、スポーツファーマシストなどなど、皆さんが初めて目にする単語もあるかもしれません。アンチ・ドーピング委員会では、定期的にこれらアンチ・ドーピングにかんする情報を提供させていただこうと思います。ライフセービング競技をクリーンな競技に、そしてクリーンな選手の育成を目指していきたいと思います。

アンチ・ドーピング委員会からのお知らせ・最新情報・コラムはこちら

質問がある方

アンチ・ドーピングに関するご質問がある際は、各クラブ、チームの代表者が書面に内容を記載し、日本ライフセービング協会、事務局までご連絡をお待ちしております。その際は連絡可能なEメールアドレスを添えてください。ご質問内容を確認後、アンチ・ドーピング委員会よりご返答をさせていただきます。

FAX:03-3459-1446
E-mail:info@jla.gr.jp
ライフセービングスポーツ推進本部
アンチ・ドーピング委員会