ニュース・おしらせ

【ILS_NEWS】ILSと国際サーフィン連盟がパートナーシップ

2017年2月16日

国際ライフセービング連盟(ILS)が国際サーフィン連盟(IOC承認団体)とパートナーシップを結ぶ

31 January 2017 – 12:29pm — ILSF.org

NEWS URL

http://www.ilsf.org/news/ils-signs-partnership-agreement-iocrecognized-international-surfing-association

 

ILSニュースとして発表がありました。ホームページ記事について日本ライフセービング協会国際室が翻訳をいたしましたので、いか、ご案内いたします。ISA会長コメントには2020東京オリンピックにも触れられています。

— —

国際サーフィン連盟(ISA)は本日、広く一般に認められたグローバルスタンダードのウォーターセーフティコースおよびサーフィンおよびスタンドアップパドル(サップ)のコーチ及びインストラクター資格を確立していくために、重要な戦略となるパートナーシップ協定を、国際ライフセービング連盟(ILS)と結んだと発表した。

ISAは、インターナショナルサーフ/サップインストラクターアクアティックレスキューやセーフティーコースを世界規模で開催していくために、ILSと協力していくことになった。

ISAは、インターナショナルサーフ/サップインストラクターアクアティックレスキューやセーフティーコースを2017年に展開していくために、国際オリンピック委員会(IOC)の公認団体であるILSと協力して活動していく。そしてさらに、ウォーターセーフティやライフセービングをはじめ、環境保全、オーシャンサスティナビリティトレーニングに寄与していく。 これによりサーフィンインストラクターとサップインストラクターは容易に認識され、ウォーターセーフティの認定評価が一元化され、ISAインストラクターの登録やステイタスの維持が保証されることになる。

 

新しいインターナショナルサーフ/サップインストラクターアクアティックレスキューやセーフティーコースの重要な要素としては以下のものが含まれる:

・ウォーターセーフティを世界に広めていくこと。

・国が異なると資格が無効になることのないように、サーフィンインストラクターとサップインストラクターにとっての、最低限のグローバルウォーターセーフティ基準を設けること。 - 世界を旅するコーチの手助けとなるように。

・すべてのISA認定インストラクターが有効なウォーターセーフティ資格を有することを求める既存のISAコーチング・インストラクティングプログラムを推し進めること。

・ISAコーチング資格の価値を高め、より多くの参加者を(コーチング・インストラクティング)プログラムに引き入れること。

 

ISA会長のFernando Aguerre氏は以下のように述べた。

「最も高い基準(レベル)のウォーターセーフティを保証する我々の責任義務(実行能力)を強化していくため、ILSとパートナーになれたことはISAにとって喜ばしいことだ。ISAインストラクターにとって、この新たな認定ウォーターセーフティコースは、サーフィンやサップが世界で人気を獲得していくためには大切なことで、2020東京オリンピック種目という我々の新たなステータスの光を浴び発展を続けていくであろう。

すべてのISA認定インストラクターがユニバーサル基準の認定資格をもち、新しいサーフィン選手やアマチュアの参加者に「自分たちはスポーツセーフティを学び習得したのだ」という自信を与え、「海とは尊敬され守られるべき環境である」ということを認めてもらうことは、非常に大切である。我々のILSとのパートナーシップは、オリンピックムーブメントの誇らしい一員である国際スポーツ連盟の専門団体としてベストを尽くすためのISAの献身性をも強調してくれるであろう。」

 

ILS会長のGraham Ford AMは以下のように述べた。

「ISAとILSの新しいパートナーシップは、世界中のサーフィンやサップ界におけるウォーターセーフティスタンダードに対する意識、有用性を高めていくことにつながる素晴らしい取り組みである。

ライフセービングの国際機関として、ILSは、サーフィンやサップ環境の安全性を向上への取り組みに、我々の豊富な経験をもって、喜んでサポートおよび貢献をしたい。

健康と安全はどのスポーツにおいても、特に海で活動する選手や参加者にとっては必要不可欠である。更なる発展を続け、オリンピックデビューに向けて邁進するISAとして、我々は喜んで彼らとともにウォーターセーフティーの推進に努めていく。」

ISA/ILSインターナショナルサーフ・サップインストラクターアクアティックレスキューおよびセーフティコースについてのさらに詳しい情報は下記ウェブサイトへ: http://www.isasurf.org/isails-water-safety-accreditation/

コースに参加および組織運営に関する点はこちらへ:

alexreynolds@isasurf.org.

 

翻訳:JLA国際室 相澤室長