ニュース・おしらせ

【ライフセービング教育】悲しい水の事故から命を守るために

2016年8月24日

日本ライフセービング協会では、水辺の事故を未然に防ぐため、自らが溺れない、自助による溺水事故防止への取り組みをWater Safety講習会を通じて、広くみなさまへお伝えしております。ライフジャケットの着用がイコール「安全」ではありません。ライフジャケット等の正しい着用と、水辺、水中で状況に応じた対処ができ、自ら危険回避できることが重要です。サバイバルスイムも含むWater Safety講習会は、水辺の事故防止に向けた「教育」として、これからも多くの方へ実施してまいります。

Water Safety 講習会は12歳(小学生を除く)から受講できます

WS=SS_PR