ニュース・おしらせ

【Member’s Report】人命救助で感謝状/日頃のトレーニングが社会貢献に

2016年1月29日

JLA_FB_PR0128a

JLA会員である、館山サーフライフセービングクラブ 篠田敦子さんは、平成28年1月4日にJR東日本東京駅にて、観衆の行き交うなか、心肺停止状態に陥り生命の危機に瀕していた男性に対し、迅速かつ適切な救急処置を行い救命に尽力したと、その功労に対し東京消防庁消防総監と東日本旅客鉄道株式会社から感謝状を授受されました。

全国のライフセーバーのみなさんも来シーズンに向けてトレーニングに励んでいることでしょう。それと同時に、オフシーズンともいわれる今の時期や毎日の生活の中で、今回のような有事には、いつなんどき遭遇するかはわかりません。 皆さんが日頃から行っている救急法など様々なトレーニングが活かされ、傷病者やその関係者の笑顔に繋がったよき事例ではないでしょうか。

今後も今まで行ってきたトレーニングに、ますますの自信と誇りを持って取り組んでいきましょう。

誰かの笑顔のために、我々のできることを!

Report:JLA溺水事故防止プロジェクト本部

JLA_FB_PR0128c JLA_FB_PR0128b