ニュース・おしらせ

救える生命<いのち>のためにBLS講習会を受講しませんか

2015年11月20日

JLA_BLS_PR2015

 

 

 

 

 

 

あなたのそばで、もしも誰かが倒れたら、医療機関にその生命<いのち>をつなぐのは「あなた」です。今年NHKで取り上げられた、救命処置のニュースを覚えていますか?スポーツ中、突然倒れた選手に対して、そばにいた人々のすばやい行動により、一次救命処置(心肺蘇生とAED)がほどこされ、一命をとりとめたニュースです。

BLS_NHK

 

率先して行動した青山さんは日本ライフセービング協会のBLS講習会を受講しており、CPR(心肺蘇生)とAEDの使い方を学んでいた方でした。いざというとき、とっさの行動がとれるかどうかは、経験があるかないか、知識があるかないかで、大きく左右されます。青山さんもインタビューで、「講習会を受けていたから行動できた。」という主旨の発言をしています。「知っている」だけでなく「実践できる」人々が増え、もしものその時に備え、周りの人々、友人、家族、それぞれが支え合い、助け合う社会を築くために、ぜひ心肺蘇生とAEDの使い方を習得してください。

 

 

BLS_PR2

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ライフセービング協会 JLA ACADEMYが実施するBLS資格認定講習会は、実践できる・行動できる成果を求めて、実技にしっかり時間を使います。公認インストラクターによる指導で、1日(およそ7時間*検定時間など含)で終了します。BLSとはBasic Life Support(一次救命処置)の略です。①CPR(心肺蘇生)②AED  ③気道異物除去 の3つを合わせてBLSといいます。BLSが必要な理論を座学で学び、さらに指導員のデモンストレーションに始まり、生体、ダミー人形を用いて実技にたっぷり時間を使い、正しいCPR、AED使用法を身につけます。検定に合格した方は、JLA  ACADEMY より有効期間2年のライセンスを発行いたします。(ライセンスは更新講習会受講で継続更新できます)

*上記講習会時間割は一例です。

詳しくはコチラ

 

JLA_BLA_PR_2015_2

 

 

 

 

 

 

 

 

傷病者が「社会復帰」するためには、一人一人による「救命の連鎖」が必要です。生命<いのち>をつなぐ4つの輪のうち、3つまでは我々一般市民でつながれなければなりません。普段通りの呼吸がない傷病者へ、心肺蘇生、とりわけ胸骨圧迫を行うことは、社会復帰率を高める有効な手段の一つです。バイスタンダー=そばにいる人などによる救急隊や医師へと引き継ぐまでの数分間、ぜひあなたのその手で生命<いのち>をつないでください。

 

受講者1万人突破!ライフセービングサポーター講習会

日本ライフセービング協会では、BLSの入門編として、一次救命処置の大切さ、AEDの体験などができるライフセービングサポーター講習会を実施しております。年齢(6歳以上)、環境、グループなどに合わせて、ご要望の場所へ公認インストラクターが伺います。講習料は無料(交通費などお問い合わせください)です。

詳しくはコチラ

IMG_2908●スポーツクラブ保護者向け安全教室として

●企業研修として

●学校の授業として

【お問い合わせ】 日本ライフセービング協会事務局03-3459-1445 または academy@jla.gr.jp