ニュース・おしらせ

【NEWS RELEASE】マスターズ世界新記録を樹立

2018年7月2日

2018年 5月19・20日に行われた「第31回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会」において、3名の選手がマスターズ世界新記録を樹立し、その記録が公式に認定されました。(ILSのホームページ

 

aoki500

■毛利邦(湯河原LSC)
区分:M40(40歳~44歳)
種目:100mレスキューメドレー
記録:1分23秒46

 

tamura500

■田村憲章(銚子LSC)
区分:M40(40歳~44歳)
種目:50mマネキンキャリー
記録:33秒81

 

nishiyama500

■西山俊 (湯河原LSC)
区分:M30(30歳~34歳区分)
種目:100mマネキントゥ・ウィズフィン
記録:53秒68

 

※ILSのホームページに上記3名のお名前と記録が記載されております。https://records.dlrg.de/index.php

世界記録一覧に日の丸が4つも並ぶことは(昨年7月に樹立した4×50m障害物リレーを含む)とても誇らしいことであり、名誉なことであります。またライフセービングスポーツを楽しむ方々の年齢層や、取り巻く環境が広がっている証拠ではないでしょうか。改めて、今回新記録を樹立した3名に敬意を表します。おめでとうございます。

(photos by HIROSHI SUGANUMA)