ニュース・おしらせ

【NEWS RELEASE】一般社団法人日本サーフィン連盟と協定

2018年6月11日

DSCN1223

2018年6月7日、

一般社団法人日本サーフィン連盟と一般財団法人日本ライフセービング協会は広く国民に対し、サーフィン・ライフセービングを通じて海への関心を高め、健全な心身の育成を図り、かつ、全国の水辺の安全管理体制の構築を促進させるために、以下のパートナーシップ協定の覚書を取り交わしました。

1.海辺のスポーツ文化の創造

相互協力関係を通じて、

広く国民が海辺に親しむ環境づくりを構築し、

海辺のスポーツ文化の創造に寄与することを共同で行う。

2.海辺の安全教育の普及

海辺での事故防止等に関する知識・技術の教育を

サーフィンおよびライフセービングを通じ、

国民一人ひとりの自助力・共助力を向上させるべく、

海辺の安全教育の普及に貢献する。

3.海辺の安全管理体制の整備と向上

海水浴場等での監視救助活動等を通じた

海辺の安全管理体制の整備に向けた

相互協力体制を充実させ、

総合的な安全対策構築のために

両団体が歩調を合わせて取り組む。

DSCN1225