溺水事故防止

パトロールレポートの集計方法

JLAではライフセービングレポート(パトロールログ)の集計を行なっております。
全国のライフセーバーたちの関係している海水浴場やパトロール活動の実態をまとめ社会へ報告ができるようになって参りました。レポートをご提出頂きました各ライフセービングクラブの皆様、誠にありがとうございます。
2017年度も引き続き全国パトロール統計調査を実施いたしますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。
過去のパトロール統計報告は、こちらよりご覧頂けます。

提出期限 集計の流れ

①資料のダウンロード

ファイルは 2 種類あります。両方ダウンロードすることをお勧めします。
①レポート記入用ファイル ②レポート記入例用ファイルです。記入用ファイルは実際にレポートを記入頂くファイル一式が入っています。記入例用ファイルには、レポートの記入例ファイル一式が入っています。
共に圧縮ファイルですので、ダウンロード後は解凍してご利用下さい。

レポート記入用・記入例一括ファイル

ZIP ファイルを解凍すると各々以下のファイルが表れます。

②レポートの作成・集計

各レポート、記入例に従って作成して下さい。

  • ◯集計用エクセルのひな形ファイルへのデータの入力は Microsoftのエクセルを用いて下さい(Macintosh可、Windows可)。
  • ◯各浜(プール)で一つのファイルを使用して下さい。一つのファイルに複数浜の情報を記入しないで下さい。
  • ◯入力の表現は、レポートの表現をそのままで利用して下さい。「その他」の項目に関しては具体的な内容を入力して下さい。
  • ◯文字は日本語の全角で、数字は半角を用いて下さい。
  • ◯集計ができなかった項目、不明な項目については、何も入力せず空白のままにして下さい。

③ファイル名の入力

各レポートのファイル名は雛形通りではなく、各浜(プール)名で保存して下さい。
例えば大門の場合は「LSレポート集計用フォーマット.xlsx」→「LSレポート集計用フォーマット2017 大門.xlsx」というファイル名に変更して下さい。

ico_zip0e1LSレポート集計用フォーマットxlsxico_b2ico_zip0e1LSレポート集計用フォーマット2017 大門.xlsx
ico_zip0e1レスキューレポート.xlsxico_b2ico_zip0e1レスキューレポート2017 大門.xlsx

④レポートの提出

レスキューレポート、傷病者記録票、LSレポート集計用フォーマットが出来上がり次第、JLA事務局までメールに添付してお送り下さい。
神奈川県内で活動している箇所は、下記のJLA神奈川県支部事務局へLSレポート集計用フォーマットをご提出下さい。kanagawa@lifesaving.ne.jp

メール送信上の注意点

  • ◯ファイルは圧縮しない状態で、直接メールに添付して下さい。
  • ◯ファイルはPDFに変換せずに、そのままの形式でお送り下さい。
  • ◯メールの件名:例)「2017大門ライフセービングクラブ提出」と必ずクラブ名をご記入下さい。
送信先メールアドレス 提出期限

メール送信上の注意点

日本ライフセービング協会主催の報告会、指導員研修会等に、全国の集計結果として発表を予定しております。
また、当協会が必要と認めた場合にもおいても、集計結果として発表することがあります。
なお、集計データは原則的に公開・流用はいたしませんが、内部組織については当協会の許可があれば関連データを紹介することができるものとします。

レスキューレポートの写し疾病者等記録票の提出

レスキューレポートは救急車を要請した事案のみを傷病者等記録票はJLA郵送用を随時下記FAX又は、メールアドレス、住所へ必ず送ってください。
救急蘇生委員会が事故を検証します。
FAX:03-3459-1446 メールアドレス:patrol@jla.gr.jp 住所:〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18トップスビル(JLA事務局宛)

問い合わせ先

レポートの集計に関しての質問・問い合わせは Eメールにて受け付けます。以下のアドレスにお問い合わせ下さい。
Eメールアドレス:JLA救命部 patrol@jla.gr.jp