アカデミー・教育

大切ないのちをまもる、つなぐ。

JLAでは、誰もが身につけるべき「自身を守る、溺れないためのプログラム」「もしも隣で人が倒れた場合の対処を学ぶプログラム」から、「実際に事故を未然に防ぎ、溺者を助ける救助技術」まで、水辺の悲しい事故をゼロにするための資格講習会を開催しています。

JLA ACADEMY概要・体系

日本ライフセービング協会が実施しているセミナー・プログラムです。ライフセーバーを目指している方は「ウォーターセーフティー」からはじめて下さい。
一般の方もBLS(心肺蘇生法:心マッサージ、人工呼吸)講習がございます。是非受講してみて下さい。

ライフセービングサポーター講習会

6歳以上
修了証
■ ライフセービングサポーター修了証を発行いたします。

BLS(CPR+AED)コース

講習日程はこちら

ウォーターセーフティコース

講習日程はこちら

サーフライフセービングコース

講習日程はこちら

プールライフガーディングコース

講習日程はこちら

IRBコース

講習日程はこちら

Jrエデュケーションコース

講習日程はこちら

一次救命処置の習得 水辺の安全基礎資格 海浜での救助技術、応急手当の実践的技能を習得 プールでの監視体制や方法論、救助法を習得 IRB(救助用ボート)を用いた救助の習得 ジュニアプログラムの作成と指導法の習得
12歳以上
(小学生を除く)
12歳以上
(小学生を除く)
ベーシック:15歳以上(中学生を除く)
アドバンス:16歳以上
ライフガード:15歳以上(中学生を除く)
アドバンス:18歳以上
クルー:18歳以上
ドライバー:19歳以上
15歳以上(中学生を除く)
取得できる資格
■BLS(CPR+AED)
取得できる資格
■ウォーターセーフティー
取得できる資格
■ベーシックサーフライフセーバー
■アドバンスサーフライフセーバー
取得できる資格
■プールライフガード
■アドバンスプールライフガード
取得できる資格
■IRB クルー
■IRBドライバー
取得できる資格
■リーダー

ウォーターセーフティー リーダー BLS IRBクルー IRBドライバー プールライフガード ベーシックサーフライフセーバー アドバンスサーフライフセーバー アドバンスプールライフガード

インストラクター講習会(20歳以上)
BLSアシスタントインストラクター
BLSインストラクター
ウォーターセーフティーアシスタントインストラクター
ウォーターセーフティーインストラクター
サーフライフセービングアシスタントインストラクター
サーフライフセービングインストラクター
プールライフガーディングアシスタントインストラクタ
プールライフガーディングインストラクター
IRBアシスタントインストラクター
IRBインストラクター
ジュニアライフセービングアシスタントインストラクター
ジュニアライフセービングインストラクター

※ウォーターセーフティーとBLSは、取得する順番が逆になっても構いません。
※「CPR」資格は、2014年4月1日より「BLS」に名称変更となりました。
※ベーシックサーフライフセーバー、アドバンスサーフライフセーバー、プールライフガード、アドバンスプールライフガード、IRB クルー、IRBドライバー、リーダーの各ライセンスを取得する場合、
BLS(CPR+AED)、ウォーターセーフティーは必須ライセンスとなりますので、予め取得して下さい。
※インストラクター講習の詳細は「その他ライセンス」欄で紹介している「指導員養成」をご参照下さい。

  • 講習会のスケジュール
  • 講習会の申し込み方法
  • 資格の更新について
  • 資格を失効している方
  • ライフセービングサポーター講習会
  • ジュニア・ライフセービング

命をつなぐ教育

教育現場にJLAのライフセーバーが出向いて安全指導を行っています。

  • 学校現場へのライフセービング教室実施

    小学校などのプール授業へ、Water Safty講習の要素を含めた自助のための指導を行っています。

  • 臨海学校へのライフセービング教室実施

    夏の学校行事である臨海学校へライフセーバーを指導者として派遣し、実際の海辺で楽しみながら安全教育を実施しています。
    ■2015指導員募集
    ◯北区岩井臨海学園
    ◯千代田区岩井臨海学校
    ◯板橋区ライフセービング教室

  • 中学生・高校生プログラム

    自分自身のいのちを守り、水辺の安全を通じてライフセービングを知ってもらうプログラム を展開しています。 スポーツを通じた楽しみもあり、次世代ライフセーバーの育成につながっています。