ライフセービングスポーツについて

入会・退会に関して、スポンサードについて、競技会への参加について等 みなさまから寄せられる質問について、お答えしております。
お問い合わせ前に是非、ご一読下さい。
会員番号と資格番号を教えてほしいのですが?
年間を通じて事務局に最も多いお問合せです。個人情報なのでご本人確認の上、必要に応じてお伝えすることはできるのですが、カードや番号を常に携行いただき、ご本人による番号の管理徹底をお願い申し上げます。特に、競技会前にお問い合わせが集中します。皆様のご協力をお願い申し上げます。
年会費を郵便局に振込みに行く時間がなかなかありません。
毎年の振込の手間が省ける自動払込をお薦めします。希望される方は、自動払込利用申込書(書式5)をホームページからダウンロードして3/25(火)までに事務局まで郵送してください。
変更届など各種書類を入手するにはどうすればいいですか?
各種手続きの書式については、ホームページ「JLAについて」のページにアップしていますのでダウンロードしてご利用ください。そこには入会届や変更届、カード再発行のことなどご案内しています。
会員カード(または資格カード)を紛失してしまったのですが。
再発行申請用紙の提出が必要です。手順は、郵便振替にて再発行手数料(1枚2000円)をお支払い下さい。また、通信欄には「カード再発行手数料」とご記入ください。あわせて「再発行申請用紙(紛失用)」を事務局までご提出ください。カード再発行には約1ヶ月を要します。振込先や申請用紙など再発行手続きの詳細は、ホームページ「JLAについて」の項目の中の「資格証・会員証の再発行について」をご覧ください。
年会費やカード再発行手数料等の振込先を教えてください。
下記がお振込先となります。お振込みの用途に応じて通信欄に必要事項をご記入ください。詳しくはホームページ「JLAについて」のページに手続方法をアップしていますのでご確認ください。
【郵便振替】00100-3-161328
【口座名義】特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
会員カード(または資格カード)に印字されている名前が間違っているのですが。
再発行の手続きが必要です。費用はかかりません。「再発行申請用紙(修正用)」に印字が間違っているカードを貼付し必要事項をご記入の上、事務局までご提出ください。カード再発行には約1ヶ月を要します。
引っ越しをして住所が変わったのですが。
住所や所属クラブなど個人情報にかかわる変更があった場合、同封の変更届(書式1)を必ず事務局まで提出して下さい。それをもとに会員管理データを修正します。変更届がない場合、会報誌や書類など大切なご案内が届かなくなります。特に、大学や専門学校等を卒業したあとに住所変更するケースが多いので、その際は変更届を忘れないように提出してください。
いまは個人一般会員です。年度の途中ですが、個人正会員に変更するにはどうしたらいいですか?
次の2つの手続きが必要です。
①個人一般会員から個人正会員への変更届(書式1)を提出してください。
②個人正会員の年会費は60000円です。郵便振替にて、通信欄には「年度・会員種類・所属クラブ」をご記入のうえ会費をお振込みください。
以上の手続きで変更完了です。なお、会員カードはお手元のものをそのままご利用ください。個人一般会員から個人正会員に変更しても会員番号の変更はありません。
現在、会員登録はなく、BLS(CPR+AED)資格を所有しています。
資格を保持するためには年会費を支払って会員登録しなければならないのですか?
「ウォーターセーフティー」「BLS(AED+CPR)」「サポーター」の3つの資格に限り、会員登録との連動はありませんので、会員登録手続き(年会費振込)がなくても資格は有効です。ただし、有効期限の更新は有効期限内に更新講習会を受講して下さい。上記3つの資格に限り会員登録手続き(年会費振込)がなくても資格は有効ですが、この度、会費が寄付とみなせる新たな会員種別「賛助会員」を設けましたので、任意ではございますが、ご協力いただければ幸いです。なお、「ウォーターセーフティー」「BLS(AED+CPR)」「サポーター」の3つの資格以外については、会員登録との連動があり、会員登録手続き(年会費振込)が必須となります。「個人正会員(60000円)」、「個人一般会員(10000円)」、「個人一般会員高校生(1500円)」、「個人準一般会員(3000円)」のいずれかの会員登録手続き(年会費振込)をすることで資格は有効となります。ただし、有効期限の更新は、有効期限内に更新講習会を受講して下さい。
個人一般会員の学生です。クラブメンバーと練習中、海で泳いでいた一般の方とレスキューボードが接触し、
相手の方に打撲のケガを負わせ通院治療が必要となりました。会員付帯賠償保険はされるのでしょうか?
適用されます。適用の前提として、個人会員登録(年会費振込)はすでにお済みでしょうか。事故時、会員であることにより適用されますので、なるべく早めの個人会員登録(年会費振込)をお勧めします。また、ライフセービング中とは「個人の練習、パトロール、講習会、競技会、ライフセービングの指導などの範囲」をいいます。事故発生の際には、ケガの適切な処置とともに、所属クラブ内での情報共有と共に、まずは事務局までご一報ください。保険会社を通じて対応についてご相談に応じます。
個人一般会員の社会人です。クラブのメンバーと練習中、砂浜でガラスを踏んで足の裏をケガしてしまいました。
会員付帯賠償保険は適用されるのでしょうか?
適用されません。この場合は、ご自身のケガなので会員付帯賠償保険は適用されません。クラブごとであらかじめスポーツ団体保険等に加入しておくなど、ご自身のケガへの傷害保険対応をお願いします。
個人一般会員の手続きは完了していますが、郵送物や会報誌が届かないのですが?
ご住所に変更はありましたか。変更した際に変更届の提出はお済みでしょうか。また、配送業者によっては、特にアパート等にお住まいの方でポストに部屋番号とお名前が明記されていなかったりすると、投函せずに持ち帰ってしまう場合があります。お願いします。